鈴和建築 お宅拝見・施工事例

HOME» 鈴和建築 お宅拝見・施工事例 »鈴和建築001 豊橋市M邸

鈴和建築 お宅拝見・施工事例

鈴和建築001 豊橋市M邸

会社情報
お宅拝見・施工事例
住まいの記事
イベント
薪ストーブとビルトインガレージのある「蔵」風の家

豊川市M邸

白い壁と木目調の黒い外壁とのコントラストが個性的な佇まいを見せるM邸は、「蔵」をモチーフにデザインされた住まい。土地の高低を利用してビルトインガレージを設け、ケヤキの角材を使った5本のポーチ柱がシンプルな外観に趣を加えています。木の家を建てたいというMさん夫婦の要望と鈴和建築の提案が、個性的な住まいを造り上げました。

「大将と好みが合うことが一番の決め手でした」

母屋のリフォームで鈴和建築の仕事と鈴木社長の人柄を知って、自分たちの家もお願いしようと相談。薪ストーブと大黒柱を据え、和風の感じにしたいと話したところ、「蔵」をモチーフにした住まいを提案されたそうです。「大将(鈴木社長)の好みと自分の好みが合い、提案もおもしろかったのでおまかせしました」とMさん。さまざまな素材を使って意匠をこらしながら、暮らしやすさと家族団らんを大切に考えた家を実現させました。

土間空間からつながる開放的なLDK。式台に使われている欅の一枚板は、1m30㎝~90㎝×4m90cm。

大胆に広がるLDK空間。ナチュラルなトーンでコーディネート。

良質な材が息づく美しい木の空間を実現

材料使いのおもしろさは、屋久杉を使った玄関引き戸に始まり、土間には、陶芸の窯で使われていた釉薬のついたセラミックの板を使用。玄関の式台は、欅の一枚板を大胆に使い、LDKへと開放的な空間を広げます。薪ストーブを据えた玄関土間は2階までつづく吹き抜け空間になっており、中2階に大容量の収納スペース。2階に主寝室と子ども室を設けました。住み始めたのは1月末で、早速、薪ストーブが活躍。夏の暮らしやすさも楽しみです。

玄関ホールとリビングの間の建具を閉めると、モダンな和の空間に変わります。

対面式キッチンのバックキャビネットは奥様の要望を入れて制作。隠す収納にしました。

2階天井に、解体した小屋で使われていた梁を使用。

玄関土間の吹き抜け空間。

屋久杉をガラスの間にはさんで作った玄関引き戸。

外からの光がおもしろみを加えます。

陶芸の窯で使われていたセラミックの板を敷き詰めた玄関土間。一般的な材料では出せない味わいです。

吹き抜けを見上げたところにステンドグラスを入れました。

伊勢型紙を使った建具。

リビングから玄関を見たところ。さまざまな素材をおさめ、趣のある美しい空間を実現。

ポーチ柱が表情を加えた外観。

土地の高低差を生かしたビルトインガレージ。

軒を深くした玄関アプローチ。
   
鈴和建築株式会社
TEL.0532-62-9551

鈴和建築 お宅拝見・施工事例

イベント情報

HOME

お宅拝見・施工事例

会社を探す

ニシ お宅拝見・施工事例

管理画面